on September 18 | in | by | with Comments Off on

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社の対応について

現在カナダとアメリカではコロナウイルスの感染拡大に伴い入国制限措置が行われています。
アメリカは入国に関して規制緩和が行われ日本から入国できるようになりましたが、
日本を含む国外からの渡航者は州や地域で施行されている規制の遵守が求められます。
入国後またはアメリカ国内の他州から入境する際に14日間の自己隔離を義務付けている州や地域がありますので、目的地に応じて要確認です。
一方、カナダでは市民権および移民権所持者以外の入国禁止措置が現在も行われています。
アメリカやカナダは連邦制を採用しているため、国内の移動に関して各州政府は
独自の規制を設けており、14日間の隔離制限や入境許可申請など他州からの入境に対して
現在も厳しい措置を設けている州があります。

弊社はカナダ・BC州のバンクーバーを拠点としているため、
弊社の撮影コーディネーターが北米内を移動する際14日間の自己隔離の必要が無く
入境できるのは一部の州(準州)を除くカナダ国内のみとなります。
(アメリカへ渡航しカナダへ再入国する場合には14日間の自己隔離が義務づけられています。)

各機関が定める衛生基準を満たした労働ルールに基づき、
スタッフの安全と健康を第一に代行撮影サービスを行っています。
ロケの可否に限らず、先ずは現地の最新の情報だけでもお気軽にお問い合わせ下さい。

2020年11月20日

Pin It

Comments are closed.

«